風俗で美女を堪能

美女を堪能したい方は風俗に限ると感じた時の体験談

結婚生活の終わりも結果オーライ

若くして勢いだけでゴールイン。ですがいざ夫婦生活となると、互いの嫌な部分ばかりが目に付くようになってしまったのも、お互いの若さ故だったのでしょうか。とりわけ鼻っ柱が強くお嬢様気質の彼女は、職場は目上の人に対しても上から目線の言動が見られ、私の両親からの受けも正直良くありませんでした。そして双方の感情が爆発からのジ・エンド・・・僅か数年で結婚生活破綻となりました。不思議と寂しさも感じず、十代から常に元妻がパートナーだった生活から解放された自由な感覚から、風俗を楽しんでいます。色々な風俗それぞれの楽しさはどれも魅力的ですが、そんな中で今1番のお気に入りがデリヘルです。元妻とは正反対の可愛らしく奥ゆかしいデリヘル嬢のエッチなサービスと、男もナニも立ててくれる優しい心遣いに、癒しというか「女の子ってこうじゃなけりゃ!」的な満足感を毎回堪能しています。自分の中では花嫁修業の一環に、ぜひデリヘル職業体験を推奨したいと思う程、今は他の風俗は二の次状態です。幸い慰謝料も養育費も請求されずの離婚からの自由の身、今は再婚や次の彼女などを意識せず、この自由な毎日とデリヘル嬢に身を委ね続けるつもりです

投稿日:2017年4月20日

テニスとデリヘルで調健康体

社会人になって海外赴任中に始めたテニスがどうやら性格に合っていたらしく、毎週土曜日にコートに立つのがこの数年来の楽しみ以上生き甲斐といったところです。子供の頃から球技全般が苦手でしたが、どうやらチームプレイがダメだったらしく、ダブルスもありますが基本個人競技のテニスは、ようやく巡り会えたマイスポーツといったところです。そんな私のもう1つの「マイ風俗」・・・それがデリヘルです。風俗店にも一通り足を運んでみたのですが、いずれも「何か違う」「これも心底楽しめない」の連続でした。そんな中自分にとって最後の砦的な風俗、それがデリヘルだったのです。おそらくエッチプレイの分野でも、ホテルで待っていればデリヘル嬢が訪ねて来てくれる、他の風俗店のスタッフと直接接しない個人プレイスタイル風な時間とサービスが、自分にフィットしているのでしょう。もちろんせっかくの恋人気分を楽しむ時には、十分相手にも気を遣っているつもりです。適度なスポーツとコンスタントなデリヘル嬢とのエッチな時間で、私は病気知らず入院知らず。後はテニスで怪我を負ってしまい、デリヘルまでお預けにならないように注意しなくてはなりませんね。